りんごダイエットの方法と効果【朝と夜・食べ方など】

りんごダイエットのりんご

りんごダイエットは食事をりんごに置き換えてカロリーを減らすダイエット方法です。

具体的にどうやってりんごダイエットをやるのか、りんごダイエットにはどんな効果があるのかなどを紹介します。

りんごダイエットの効果

なぜりんごにダイエット効果があるのか説明します。

欧米には、「1日1個のりんごは医者を遠ざける」ということわざがあります。

りんごはそれほど健康効果が高い食べ物なのですが、ダイエットにも大きな効果を発揮します。

アップルペクチンが血糖値を下げる

りんごにはアップルペクチンという成分が含まれています。このアップルペクチンは水溶性の食物繊維です。

水を加えるとヌルヌルのゲル状になります。

このアップルペクチンが腸に届くと、腸が糖質を吸収するのを遅らせて血糖値の急激な上昇を防ぎ、体脂肪の蓄積されないようにします。

アップルペクチンには血糖値を下げるほかに次の効果もあります。

  • 腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える
  • 免疫細胞の白血球の働きを活性化させて免疫力をアップさせる
  • 腸が悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を吸収するのを防ぎ、便とともに体外に排出する

りんごポリフェノールが内臓脂肪に効く

りんごダイエットで脂肪燃焼

りんごにはりんごポリフェノールという成分も含まれています。りんごポリフェノールは、2つの作用で内臓脂肪を減らします。

1つはアップルペクチンと同じで腸が脂肪を吸収するのを防ぎ、内臓脂肪を減らす点です。

もう1つはりんごポリフェノールが細胞に作用して脂肪の合成を抑える点です。

どういうふうに細胞に作用するかというと、脂肪を分解する遺伝子に活性化させて脂肪を減らします。

りんごポリフェノールには脂肪を減らす以外にも次の効果があります。

  • シミ・シワの発生を防ぎ、美白効果がある
  • 人体の抗酸化能力を高め、老化を防ぐ

りんごダイエットのやり方・食べ方

りんごダイエットでは1食で2~3個のりんごを食べる

りんごダイエットの方法を紹介します。

りんごダイエットでは1日3回の食事のうち1食をりんごのみにします。

1回の食事で食べるりんごは2~3個です。

りんご1個のカロリーが約140kcalですから、1食で2~3個食べると280~420kcalになります。

りんごのみにする食事は朝食、昼食、夕食のどれでも良いです。

自分の都合が良い時間帯の食事にしましょう。

その他の食事は普通の食事で良いのですが、量は控えめにしましょう。

目標は腹八分目です。お腹いっぱい食べないようにしましょう。

せっかくりんごで食事のカロリーを減らしたのに、その他の食事でたくさん食べてはダイエットの意味がありません。

つい食べ過ぎてしまうことがあるので十分注意しましょう。

もちろんおやつも厳禁です。小腹が空いたらりんごを食べて空腹を紛らわしてください。

ご飯などの糖質を控えめにすると効果的

糖質制限

りんご以外の食事では糖質を控えめにしてみると効果的に体脂肪を減らすことができます。

ご飯やパスタには糖質(炭水化物)が多く含まれています。

糖質を取ると血糖値が上昇します。血糖値が上昇するとそれを下げる作用があるインスリンがたくさん分泌されます。

インスリンには脂肪を蓄える作用もあるのでできるだけインスリンの分泌を抑えると太りにくくなります。

糖質は血糖値を上げやすいので、ご飯を控えると血糖値の上昇量をを抑えられインスリンの分泌も少なくなります。

ご飯の量を普段の半分から1/3にするとダイエットがはかどります。

美味しいりんごの見分け方

どうせなら美味しいりんごが食べたいですよね。美味しいりんごの見分け方を紹介します。

  • 果皮に張りとツヤがある
  • りんごのお尻の部分が黄色いもの。緑色のものはまだ熟していない
  • ずっしりと重いものが水分が多くてみずみずしい

以上の点に気をつけてりんごを選んでください。

りんごダイエットのまとめ

  • 食事を低カロリーのりんごに置き換えてカロリーを減らすダイエット方法
  • 1食をりんご(2~3個)のみにする
  • りんごを食べる食事は朝昼晩のどれでも良い
  • 他の2食は腹八分目にする
  • 糖質を控えるめにすると太りにくくなる
  • 間食はしない

 

コメントを残す

サブコンテンツ
閉じるボタン
フッター固定バナー

このページの先頭へ