芸能人もやせた!グリーンスムージーダイエットのやり方と効果

c0bff88dda1588e062b9e31c26d5c124_s

ダイエットの大原則は、摂取したカロリーより消費するカロリーを増やすことです。

消費カロリーを増やす方法の1つに運動がありますが、ランニングや水泳で体重が減るほど運動してカロリーを消費する必要があり、とても大変だといえます。

それとは逆に、摂取カロリーを今までより減らすというダイエット方法も様々ありますが、単純に食事量を減らすというのは空腹に負けてしまい、うまくいかないことが多いのですが、ここでおすすめなのがグリーンスムージーを取り入れたダイエットです。

実際に、たくさんの有名な女性芸能人やモデルさんが『グリーンスムージーダイエット』に成功していますから、ここでは『グリーンスムージーダイエット』のやり方や効果を紹介します。

グリーンスムージーってどんな飲み物?

グリーンスムージーとは、葉物野菜と果物、水をブレンダー(ミキサー)で混ぜ合わせた飲み物で、アメリカのヴィクトリア・ブーテンコという女性が考案した飲み物です。

野菜や果物の繊維質が含まれているのでドロリとしたのど越しで、果物の甘みが加わっているので飲みやすく、

  • 海外セレブが飲んでいると注目されてブームが起きたことから、日本でも話題になり、現在ではダイエットや美容目的で飲まれるようになった
  • ジューサー(絞り器)で野菜や果物の汁だけを絞り出した飲み物でサラッと飲めるものが野菜ジュースなので、のど越しがドロッとしているグリーンスムージーとは違う
  • 青汁は小松菜、大麦若葉、ケールなどの緑葉野菜を絞った飲み物で、グリーンスムージーとは違う

どんな効果があるの?

栄養価が非常に高く、食物繊維を豊富に含まれているグリーンスムージーですが、芸能人やモデルがこぞって実践している『グリーンスムージーダイエット』には、どのような効果があるのでしょうか?

  • 効率よくビタミンCを摂取できることから、美肌になれる
  • 食物繊維が豊富なことから、便秘の解消につながる
  • 葉物野菜に含まれるクロロフィルという成分の働きで、血液がサラサラになり、冷え性の改善や肌荒れ予防ができる
  • 野菜や果物に含まれているカリウムの働き(利尿作用)で、むくみ解消の効果が期待できる
  • 野菜や果物には活性酸素を無害化できる酵素が豊富に含まれていることから、体を活性化し、老化予防や免疫力アップのほか、痩せやすいカラダになれるなどの効果が期待できる
  • 果物に含まれる果糖によりリラックス効果が得られることや、野菜や果物に含まれるビタミンによって精神安定の効果が期待できる

みんなはどのくらいやせたのか

グリーンスムージーダイエットを実践した人の体験談をいくつかご紹介します。

      • 女性(年齢不明)

基本は朝食と夕食をグリーンスムージーに置き換え、昼食は普通の食事というメニューを20日間続け3.9キロの減量に成功。(身長148センチ・体重56.8キロ→体重53.0キロ・体脂肪率31.7%→体脂肪率29.6%)出典

      • タレントの優香さん

2013年、30歳の節目をきっかけにグリーンスムージーやトレーニングで7キロ痩せたそうです。体重だけではなく、ウェストは10センチも細くなり、美ボディは同性から注目を浴びたようで、優香さんご本人も「私史上で一番好きなカラダです。」と言ったほどです。出典出典

      • 世界的歌姫のレディーガガさん

父親のレストランで美味しい料理を食べ過ぎて激太りしてしまったが、グリーンスムージーを取り入れたダイエットをして、2ヶ月で約13キロの減量に成功し、大変身をとげました。

ただし、グリーンスムージー以外にも筋肉トレーニングやヨガを取り入れ、炭水化物をとらずスープ系中心の食生活や、カリフラワーを中心とした野菜の摂取もきちんとしていたようです。出典出典

ダイエット以外にこんな効果もあります

厚生労働省は、国民の健康寿命の延伸を目的として「健康日本21(栄養・食生活 )出典」を提唱していますが、健康日本21では、1日に摂取する野菜の目安を350グラムとしていて、果物に関しては200グラムとされています。

しかし、国民健康・栄養調査(厚生労働省)によると、実際の野菜摂取量は「成人男性で約290g、成人女性で270g」となっていて、20~30歳代に関しては、約240gと成人の平均よりも50gも少なく、目標量には達していないのが現状です。

また、野菜の内訳については「淡色野菜(玉ねぎ、大根、白菜、レタス、さつまいも、キャベツなど)やきのこ、海藻合わせて230g・緑黄色野菜(ほうれん草、人参、トマト、かぼちゃ、アスパラガス、春菊など)120g」を目安に、3食に分け不足しないように摂取するのが望ましいとされています。

グリーンスムージーなら手軽に十分な野菜を取ることができ、野菜と果物をたくさん取れるメリットがあるうえ、ダイエットしながら健康に近づくことができます。

それでは、グリーンスムージーにはどのような効果があるのかを調べてみましょう。

グリーンスムージーには、野菜や果物に含まれるさまざまな栄養素が豊富に含まれているため、次の効果が期待できます。

  1. 丈夫な体を作る:ビタミンCが皮膚や骨、血管や筋肉を強くするほか、美肌効果や高ストレス作用、鉄の吸収を高めるという働きもある
  2. 高血圧を予防する:カリウムが豊富に含まれているため、血圧の上昇を抑えて脳卒中や心臓病などを予防する
  3. 老化を防ぐ:緑黄色野菜には、生活習慣病や老化の原因となる活性酸素を除去するビタミンAやビタミンCなどの抗酸化物質が豊富に含まれているため、老化予防につながる
  4. 便秘を改善する:食物繊維が腸を刺激し排便を促すぜん動運動を活発にすることで、腸内環境を整えることができる
  5. 糖尿病や肥満を予防する:食物繊維は糖質や脂質の吸収を緩やかにし、血中脂質や血糖値の急激な上昇を抑えるため、内臓脂肪が増えるのを防ぐことができる
  6. 骨折しやすく骨粗しょう症を予防する:カルシウムを補給して、骨を強くする

グリーンスムージーダイエットのやり方

グリーンスムージーダイエットは、食事を低カロリーのグリーンスムージーに置き換えて、摂取カロリーを抑えるダイエット方法ですが、正しいやり方はあるのでしょうか?

グリーンスムージーダイエットは、劇的な体重変化はないものの、続けていくことで効果を得られ、リバウンドしにくいと言われるダイエット方法ですから、実践する上でのやり方やポイントをいくつかご紹介します。

      • 3食のうち1食をグリーンスムージーに置き換える
      • 置き換える食事は、朝食、昼食、夕食のどれでもよい
      • 自分の続けやすい時間帯の食事を選び、置き換えする
      • 3食すべてを置き換えるような無謀なダイエットはしない
      • 他の食事は普通に食べても良いが、カロリー控え目を心がける
      • グリーンスムージーで減らしたカロリーを他の食事で挽回しないように注意する

5-1

      • 食事の組み立ては上の写真のイメージ
      • 体の脂肪を燃焼させるのに必要なカロリーは7,200キロカロリー。
      • 1日に700キロカロリーを減らすことができれば、約10日で1キロやせることができ、順調に続けられれば1ヶ月で3キロ減量できる計算になる。

グリーンスムージーのおすすめレシピ

グリーンスムージーのおススメレシピをいくつかご紹介しましょう。

      1. 基本のグリーンスムージーレシピ(約500ml)

手に入りやすくバランスの良い初心者にもおすすめのスムージー
材料:バナナ1本・オレンジ1個・キウイ1/2個・ほうれん草1/4パック・水1カップ
※オレンジの種は取り除く
参照元

      1. 大葉のグリーンスムージー

材料:小松菜1株・大葉2枚~・りんご1/2個・バナナ1本・レモン汁 小さじ1
水50cc ※材料は小さめに切って、ミキサーですべてを混ぜる
参照元

      1. 小松菜とりんごのグリーンスムージー

材料:小松菜1/4束 ・りんご1/4個・バナナ1本・水100ml
※りんごは皮をむいてざく切り、小松菜とバナナもざく切り。
水を加えてミキサーにかける。
参照元

始める前に成功させるコツを押さえておこう!

グリーンスムージーダイエットは、グリーンスムージー自体に大きなダイエット効果があるというわけではないので、食事量を減らすことを意識しないとダイエットは成功しないといえます。

そこで、ダイエットを始める前に、成功させるポイントを挙げてみました。

      • 小腹がすいたらグリーンスムージーを飲む。チョコなどの甘いものは極力控えること。
      • グリーンスムージーが飲みにくい場合は、牛乳や豆乳で割ってもよい。
      • 継続させるのが重要なポイント。
      • 吸収が悪くなるからダメと書いてあるサイトがあるが、そんなことはない出典
      • 野菜が高い、作るのが面倒だという場合は、市販している粉末タイプを買っても良い

まとめ

グリーンスムージーダイエットは、3食のうち1食をグリーンスムージーで置き換えるダイエット方法で、タレントの優香さんや海外セレブのレディーガガさんもグリーンスムージーでダイエットに成功したという注目のダイエット方法です。

グリーンスムージーダイエットのメリットは、置き換えダイエットにありがちな「空腹に負けてしまう」ということがなく、ドロッとしたのど越しもあり満腹感も得られ、ダイエット効果だけではなく美容や健康面でも効果が期待できるという点です。

けれども、急激な体重の減少があるというわけではなく、継続していくことでリバウンドしにくいカラダになり、効果を期待できるというダイエット方法ですから、3食すべてをスムージーに置き換えするというような無理なダイエットは控え、長期的に無理なく続けていくことをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ
閉じるボタン
フッター固定バナー

このページの先頭へ